原創翻譯:龍騰網 http://www.ternionm.com 翻譯:andy8588 轉載請注明出處



【マニラ時事】フィリピン政府は11日、「訪問米軍に関する地位協定」の破棄を通知したと発表した。

時事通訊社馬尼拉報道:菲律賓政府11日發表了廢除“訪問美軍相關的地位協定”的通知。


ドゥテルテ大統領の指示による措置で、180日後に有効となる。地位協定は1998年に締結された。両國による合同軍事演習の根拠となっているほか、有事における米軍の迅速な援助を可能としている。一方、殺人や性犯罪の容疑者となった米兵の拘束を、比側が拒否された事件があり、「不平等だ」と批判されていた。

根據杜特爾特總統的指示采取的措施,180天后生效.地位協定于1998年簽訂。除了成為兩國聯合軍事演習的依據以外,可以在有需要的時候迅速得到美軍援助。一方面,美方拒絕將殺人和性犯罪的嫌犯美軍士兵交由菲律賓處理的事件,被批判“不平等”。


ドゥテルテ大統領は先月23日、自身に近いデラロサ上院議員が米入國ビザの発給を拒否されたことを受け、協定を破棄すると警告した。デラロサ氏は警察長官に在任中、大統領が注力する「麻薬戦爭」を指揮した。麻薬戦爭は非人道的な殺害が多いと歐米から非難されており、ビザの拒否はこの延長線上にあるとみられる。

杜特爾特總統上個月23日表示,他得知與自己關系密切的參議院議員德拉羅薩被美國取消赴美簽證的消息,警告將廢除協議。特拉洛薩擔任警察長官時,負責指揮總統傾力的“毒品戰爭”。歐美譴責毒品戰爭有很多非人道主義的殺害,而拒絕簽證就在這一行動的延伸。